LIFE

【学生旅行】2泊3日で沖縄旅行を満喫する為のススメ

この記事では、初めての沖縄本島旅行で知っていればもっと楽しめる情報をご紹介します。

沖縄に初めて行く方は、せっかくのお休みに限られた日数で行くのだから、できるだけ多く観光したいし、楽しみたいですね。

そんな沖縄本島に初めて旅行に行く方へ向けて、今回紹介します。

旅行前にこの内容を知っているだけで、沖縄旅行1日1日が楽しい思い出ができます。

移動は車がキホン

沖縄は車社会で、車移動が基本です。

那覇市内には「ゆいレール」というモノレールが走っていますが、東京のように沢山路線があって各地を繋いではいません。

なので、色々な観光地に行きたいのであればレンタカーを予約して行きましょう。

旅行プランには既にレンタカーが組み込まれているプランが多いので、それを選択していれば問題ありません。

もし、航空券と宿泊施設を別で予約しているのであれば、レンタカーも予約しておきしょう。

おすすめの沖縄の宿泊地は読谷村・恩納村

砂浜と海の写真sean0812 / Pixabay

初めての沖縄旅行であれば、僕は読谷村(よみたんそん)か恩納村(おんなそん)エリアを拠点にして宿泊する事がオススメです!

せっかく沖縄に来たのだったら、国際通りに綺麗なビーチ、有名な美ら海水族館といったように色々と行ってみたいですよね。

恩納村と読谷村であれば、空港がある那覇市から、読谷村、恩納村へは高速道路を使って約1時間で着きます。

この高速道路は、沖縄本島の主な観光地へスムーズにアクセスするのにすごく便利です。

読谷村、恩納村は主要観光地へ行くのにちょうど、真ん中くらいの場所とイメージしてもらえれば分かりやすいです。

美ら海水族館に那覇市から出発でも、まったく行けない事はないですが、

移動時間がかかって、ビーチで楽しめる時間が短くなってしまいます。

何より、移動の車の運転で疲れてしまうのがもったいないかなと思います。

読谷村、恩納村は宿泊施設も沢山ありますし、ここを拠点にしたら美ら海水族館へも那覇市への移動もスムーズに動けますので便利です。

仮に2泊3日や3泊4日であれば、沖縄に到着したその日だけ、那覇市で泊まって国際通り等を堪能して2泊目以降を読谷村、恩納村にすれば、両方満喫できるのでオススメです。

沖縄の晩御飯を楽しめる場所

晩御飯はホテルで食べるか外で外食するか悩みますよね。

そんな時は、1日でいいので宿泊地の近くにある民謡居酒屋に行ってみてください。

沖縄の料理を味わえるのはもちろんですが、お店の方が沖縄民謡ライブで楽しませてくれます。

三線の音色とお店の方の歌声を聴いていると、つい癒されて聴き入ってしまいます。

そんな中、BEGINさんの曲の、「島人ぬ宝」や「オジー自慢のオリオンビール」が聴けて沖縄らしい体験ができますよ。

最後には、お客さん全員を巻き込んで踊ったりもして大盛り上がりです。

これが、すごく楽しい沖縄の思い出の一つになる事間違いなしです!

沖縄旅行でお土産はスーパーで買うのがおすすめ

ビー玉の写真fujikanakama0 / Pixabay

国際通りでもいいですが、近くのスーパーなどの地元の人が使うお店で買う事をオススメします。

国際通りのお店も種類がたくさんあって選ぶのが楽しいですよね。

ですが、その分観光客でいっぱいでお土産を選ぶのが大変です。

なので、国際通りに並ぶお店で雰囲気を堪能したら、地元のスーパーを一度見てください。

国際通りから一本奥にあるお店でも、同じお土産が売っていますし安く買える場合もありますよ!

そこで、店員さんと会話しながらおみやげを選べますし、その他にも観光名所も精通していますので教えてくれます。

そうやって地元の方と気軽に交流できるのも魅力ですね。

最後に

この記事では、初めての沖縄本島旅行で知っていればもっと楽しめる情報を紹介してきました。

沖縄は一度行ったらまた何度も行きたくなる魅力的なところです。

もう1度まとめると

まとめポイント

・思いっきり観光したいならレンタカーする
・宿泊エリアは読谷村or恩納村
・夜は民謡居酒屋に行こう
・お土産は地元のスーパーで買うのもあり

という事でした。

ぜひ、今回知った情報で沖縄を満喫して、自分たちの思い出と新しい沖縄の楽しみ方を発見してくださいね。