お金の知恵

500円玉貯金は1年間でいくら貯まる?趣味でチャレンジ結果【開けてみた】

この記事では、「趣味の500円玉貯金が1年間していくら貯まったか?」ご紹介します。

500円玉貯金をやったことない人にとっては、500円玉貯金をやろうと思っても現実的にいくら貯まるのか分からないですよね。

そんなあなたに1年間でどのくらい貯まるのか、趣味で続けた僕の500円玉貯金を紹介します。

おおよその目安を知っているだけで、今日から小さな目標として誰でも簡単に始める事ができますよ。

はじめに:500円玉貯金マイルールと目的

500円玉の貯金をどのくらいのペースで実践していたのか分からなければ参考にならないかと思うので、先に紹介しておきますね。

  1. ※開始時期は2018年1月〜
  2. 普段の生活では原則クレジットカード支払い
  3. 現金での支払いの場合は、意図的に500円玉のお釣りをもらう
  4. 両替で500円玉に大量に変える事はしていない
  5. 目的はちょっとした旅行に行く為!
    ※開始時期を2018年1月と記載していますが、曖昧な記憶です。
    しかし、おおよそ1年間の期間なのは確かです。

基本的に現金で支払いをする事が少ないです。

現金で支払う時は、1,000円札で支払って意図的に500円玉ができるようにして貯金を続けてきました。

給料がすぐに増えなくても貯金ができる方法はこちらで紹介しているので合わせて見てくださいね!

あとは、両替で500円玉に大量に変えて貯めるのは、本来の目的から外れてしまうので実践はしていません。

今回の目標は500玉貯金したお金で沖縄旅行に行こうと思います!

解放前の想定金額としては、5万円くらい貯まっていれば上々です。

それでは、早速貯金箱から500円玉を出してみましょう!

【初心者向け】覚えておくべきお金の知識:新社会人は必須この記事では、新社会人や主婦が「覚えておくべきお金の知識」を紹介します。 社会人になると今まであまり深く考えてこなかったお金の事で...

500円玉を数える

1年間で貯金箱に貯めた約10万円分の500円玉写真

思ったより大量の500円玉が入っていました!

コツコツと遊び感覚で貯めていた積み重ねの結果ですね。

番外編:100円玉も数える

現金での支払いの時に、500円玉の他に100円玉もお釣りでもらう頻度が高かったので、1ヶ月遅れで貯金を開始しました。

貯金方法は500円玉と同様なので、早速数えていきます。

1年間で貯金箱に貯めた100円玉の写真

貯金していた頻度が高いのか、500円玉より多く感じます。

100円玉も貯まると思っていた以上に重さがありますね。

貯金箱に貯めた100円玉の写真

10枚1組で並べてみました。

500円玉+100玉貯金の結果発表!!

500円玉・100玉共に数え終わりました。

1年間で貯まった100円玉と約10万円分の500円玉の写真

こんな感じで、僕の想定よりもはるかに多い枚数が貯まっていました

結果は・・・

500円玉 = 186枚 = 93,000円

100円玉 = 183枚 = 18,300円

合計   = 369枚 = 111,300円

でした!!

1年間で500円と100円と少額ながらも継続したら、まとまった金額になります。



最後に

この記事では、「1年間500円玉貯金をしていくら貯まったか?」ご紹介しました。

500円玉貯金だけでいうと、93,000円ですね。

正直、100円玉も結構期待はしましたが、思った以上には額は伸びていませんでした、、、

小さくコツコツ・それなりの金額になるのには、500円玉貯金がベストでした!

一度この貯金は両替して、また来年の楽しみに向けて500玉貯金を開始します。

みなさんも手軽にできるので、試してみてみましょう!

【初心者向け】覚えておくべきお金の知識:新社会人は必須この記事では、新社会人や主婦が「覚えておくべきお金の知識」を紹介します。 社会人になると今まであまり深く考えてこなかったお金の事で...